2015.9.11

塩にんにく×甘辛しょうゆ!
下味のひと手間だけで最高な
「焼くだけ鶏手羽」

ツレヅレハナコさんが信頼を置く優秀食材・鶏手羽。
焼くだけのシンプル調理でも満足度をUPさせるコツは、“下味”をひと手間加えることにありました!

安くてうまくて、だしまで出ちゃう!鶏手羽の優れたポテンシャル

鶏手羽 ツレヅレハナコ ©ツレヅレハナコ

「切るだけ」「焼くだけ」「混ぜるだけ」的な、
調理行程がひとつしかないつまみが大好きです。
「ていうか、それ料理なのか?」くらいの手間だけど、酒のつまみなら十分イケる!!

 とはいえ、単になんでも「切るだけ」「焼くだけ」が良いわけではなくて、
「シンプルな調理に向く食材や組み合わせ」があるんじゃないかなーと。
さらに、「そのままでもいいけど、コレだけは手を抜かずにやるとよりうまい」的な、ちょっとしたコツ。
それを守ることで、トータルの満足感がぐーんとUPするように思うのです。

 そんなシンプル調理に向く食材として、私が絶大な信頼をおく食材。
それは……鶏手羽センパイ!
いやー、すごいですよ。他に類を見ないほどのポテンシャル。

 まず第1に、形がいいわよね。
すんごい独特の形だなーと思います。何にも似ていないオリジナル感。
形が完成されているので、そのままで(生は無理だけど)つまみとしての見栄えがする。
第2に、肉と皮と骨のバランスが良い。
しっとりした脂を含む肉に、ボリューム十分の皮、手で持ちやすい骨。
しかも骨からは、おいしいだしが出るという無駄のなさ!
第3に、安い。
5本で200円くらいとか……鶏もも肉並みのうまみなのに!
コレを1パック買えば、その日のつまみに必要な材料は揃ったも同然。

 というわけで、本日ご紹介するのは、“キング・オブ・焼くだけつまみ”。
「焼くだけ鶏手羽」です!(そのまんま)
ただし、やったほうがよりおいしいコツとして、
「下味をつける」ことをオススメいたします。
今回は、「塩にんにく味」と「甘辛しょうゆ味」の2種。
もちろん、どちらかだけにして5本一気食いするという手もあるので、
お好みに合わせてお試しくださいませ~。

ツレヅレハナコ 鶏手羽

<材料>
・鶏手羽肉

〔下味①塩にんにく味〕
・酒
・塩
・にんにく(すりおろし)
・仕上げにレモン(またはかぼすなど)

〔下味②甘辛しょうゆ味〕
・酒
・しょうゆ
・みりん
・仕上げに粉山椒(または七味唐辛子)

ツレヅレハナコ 鶏手羽

<つくり方>
1.鶏手羽を広げて、写真のように関節から先を切ります。包丁の根元をあてて、ぐいっと押すと簡単に切れる。
ちなみに、先の方(写真左)を「手羽先」といい、本体の方(写真右)を「手羽中」と呼びます。

ツレヅレハナコ 鶏手羽

【おまけ】
「手羽先」には、ほとんど肉がないので捨てることが多いのですが、水で煮るとすばらしいチキンスープがとれます。
このスープでインスタントラーメンをつくると、超おいしい(「サッポロ一番塩ラーメン」か「チキンラーメン」を推奨!)。
鍋に水と手羽先を入れて、あればしょうが薄切りや長ねぎの青いところを加えて20分くらい煮るだけ。ざるでこして使いましょう。

ツレヅレハナコ 鶏手羽

2.手羽中にフォークで何カ所か穴を開けます。こうすると、下味が染みやすくなる。
しっかりフォークをにぎって、「うぉりゃー」とぶすぶす刺すべし。すべりやすいので気をつけて。

ツレヅレハナコ 鶏手羽

3.ポリ袋に手羽中を入れ、それぞれの下味をつけます。「塩にんにく味」の酒は、手羽中が軽くひたるくらい。
「甘辛しょうゆ味」の液体調味料は1:1:1で入れます(例:全部大さじ1ずつとか)。
冷蔵庫で一晩置くとベストですが、時間がなければ15分でも。

ツレヅレハナコ 鶏手羽

ツレヅレハナコ 鶏手羽

4.今回は魚焼きグリルを使いますが、もちろんフライパンでも焼けます。オーブントースターでもいけますが、脂が落ちると火が出やすいので火事にお気をつけください。
それぞれ弱火でじっくり火を通しつつ、両面をカリッと焼くのがポイント。特に甘辛しょうゆ味は焦げやすいので、様子を見てアルミホイルをかぶせてください。
焼けたら、好みで粉山椒や七味をふったり、好みのかんきつ類を搾って召し上がれ~。