2017.8.17

値切りの一番のコツは楽しむこと!
海外の市場で通用した交渉スキル

海外での買い物の楽しみ方のひとつに値切りがあります。
和久井さんとっておきの秘策とは…?

一番のコツは「値段交渉を楽しむこと」

外国の市場で買い物をする画像

先日、野菜を買いに八百屋さんに行ったら「スイカ買ってかない?」と勧められました。
小玉スイカの半玉で399円のところ、「250円でいいよ」とのこと。
スイカ……たいして好きじゃないけど、値段によっては買ってもいい。

 「200円ならいいよ」と言ったら「それじゃ大赤字だよ!」とごねられたので、「ひとり暮らしでスイカは食べきれないんだもん」と言ったら、向こうが根負けして200円にしてくれました。なかなかいい買い物だった気がします。

 何より、「いい買い物だった」と思えること自体がもう楽しいです。
商店街ってこういう値切りのお作法があるのがいいですよね。スーパーとかだとそういうのないから。

 さて、和久井はけっこうお買い物上手です。これはトルコの市場で培った技術。
トルコの、特にイスタンブルなどの観光地で平たい顔して歩いていると、ほうぼうから金づる扱いされます。特に市場は観光地化しているので、通常の値段の数倍ふっかけられることもあります。
なので、買い物するなら市場ではなく、ちょっと繁華街から外れた商店にするか、事前に値段感をチェックしておくのがお勧めです。

 もしも市場でしか買う時間がないのなら、一番のコツは「値段交渉を楽しむこと」だそうです。

 欲しいなぁ~、でも高いなぁ~、う~ん、これも買ったら安くしてくれる? なんて、ちょっとかわいらしく迷っていると、向こうもノリノリで値下げしてきます。
逆にいきなり「高い!」とか言って怒ってみせると、店員も「あっそ」って感じで相手にしてくれません。

市場での買い物をエンジョイしよう

和久井が一番いい買い物したなと思ったのは、グランドバザールでチャイグラスを買ったとき。
一緒に行った友達が、チャイグラスを2脚買おうとしてました。値段は60トルコリラ(TL)。そこに和久井が便乗して「和久井も2脚買うから、4脚で80リラにして?」と言ってみました。
すると店主は「そりゃ安すぎる! 4脚なら100リラだ」と言うんです。
えーっと渋る私たち。
そうしたら店主が「6脚買ってくれ」と言いだしました。どうやらチャイグラスって、6脚でワンセットらしいんです。4脚買われて余っても、残りをさばきにくかったんでしょう。

 和久井の目が光りました。弱みを見せられたらこっちのもんです。

「6脚で100リラでどうだ?」
「いらないもんつけられても安くないよ」
「日本にいる親友にお土産にすればいい」
「親友はここにいる彼女だから。(大嘘だけど)日本に友達なんかいないもん」
「6脚で100リラでいいから」
「(値段変わってないじゃねえか)6脚で80リラなら買ってもいい」

 こう言った手前、「じゃあ4脚で80リラでいいよ」と言われてしまったら損した気になりそうだな、と思いましたが、向こうが根負けしました。6脚で80リラ。大勝利です。 で、100リラ紙幣を渡して「釣りくれ」って言ったら「金あるじゃねえか」と苦笑いされました。

 もうこの達成感たらなかったです!
1脚30リラだったところが13リラになったんですから、半額以下です。状況を読み取って交渉できたところも嬉しかった。これが相場より高かろうが安かろうが、割とどうでもいいです。

 市場での買い物って、こういうやり取りを楽しむんですって。
不当にふっかけるのも、ふっかけられるのもいただけませんが、日本人感覚で言えばたいていのものは安いはずなので、目くじら立てずに買い物をエンジョイしたいですね。

「ありがとう」「美味しい」
「ビールちょうだい」は現地語で

ちなみにイスタンブルでは、日本語で話しかけてくるトルコ人はカーペット屋さんかランプ屋さんで、提示してくるお値段は少々高額なことが多かったです。
くだんの交渉は英語だったので、安くも高くもなかったのだろうと踏んでいます。
なぜなら、こんな体験をしているから。

 カッパドキアの広場でオレンジジュースを買おうとしたときのこと。
「いくら?」ってトルコ語で聞いたら「お、トルコ語喋れるの? 2リラだよ」と言われました。
その後「How much?」と英語で聞いてきた外国人には「4リラ」って答えてました。現地語を解するかどうかで、向こうの対応がまったく違うんですね。

 トルコでは語学学校に通い、観光もそこそこにトルコ語を1ヶ月間習いましたが、ただ単に旅行するよりもよっぽどいい思いをした気がします。

 旅行に行ったら現地の言葉で「ありがとう」「美味しい」「ビールちょうだい」くらいは覚えていくことにしている和久井です。

Text/和久井香菜子

前回記事<1ヶ月3万円で京都プチ移住してみた!短期だからこそ何でもトライできる>もチェック!
ひとりで京都。しかも、プチ移住。短期滞在の強みとは?