2017.12.27

おせち6品を70分で!
おひとりさまのための簡単おせち

ひとりでも、お正月くらいは手作りおせちで迎えたい!
手軽に作れる時短ワンプレートおせちレシピ。

おせち6品を70分で仕上げる!

ワンプレート時短おせち

年の瀬も迫ってまいりましたね。今年1年を振り返り、来年に思いを馳せるこの時期。さあ、お正月のおせちはどうしましょうか?

 ひとりだから、適当におせちっぽいもの買ってきて済ませよう…と思っているあなた。せっかくのお正月だからこそ、少しでもいいのでおせちを手作りしてみませんか? 年の初めを丁寧に過ごせたら、その年の運気も上がるような気がしてきますよ!

 写真のワンプレートですが、市販のものは黒豆のみで、あとはすべて手作り。
おせち作りって、手間がかかって少しハードルが高いような気がしますが、電子レンジなどを使い工夫をすれば、実は1時間ちょっとしかかからないのです。
市販のものもうまく取り入れながら、作れそうなものを2~3品だけでもチャレンジしれみましょう!

 ちなみに、南天の実や葉、扇などの装飾品は100円ショップのダイソーで買ってきたもの。装飾代しめて216円。千代紙などを敷くのも素敵ですね。
こういったお正月らしい装飾を加えると、お皿の上も一気に華やぎます。

手軽な順に6品のレシピ紹介

ワンプレート時短おせち

さて、私が今日ご紹介するレシピは下記の6品です。手軽な順にご紹介していきます。

(1)海老の酒蒸し
(2)紅白なます
(3)胡桃田作り
(4)ローストビーフ
(5)栗きんとんの茶巾絞り
(6)伊達巻き

海老の酒蒸し


★3分もあればできてしまう、酒蒸し。コツは火を入れすぎない事。

<作りやすい分量:約2人分>
生海老 4本
日本酒50ml
塩 小さじ1
時短おせち「海老の酒蒸し」

海老は塩水(分量外)で軽くあらう。
小鍋に海老を入れ、酒と塩も加えて蓋をして中火にかける。ぐつぐつと沸騰したら弱火にし、一煮立ちさせて火を消す。
そのまま1分予熱で蒸せば出来上がり。

紅白なます


★白:赤の分量比を3:1を目安にすると美しく仕上がります。

<作りやすい分量:約5人分>
大根1/4本
人参 1/2本
塩 小さじ1
砂糖 大さじ2
酢 45ml
時短おせち「紅白なます」

大根と人参は皮をむき、スライサーで薄く切ってから、細い千切りにし、塩をふりかけて10分ほどおくと水分で出てくるのでよく絞る。
ボウルに酢、砂糖を良く混ぜ合わせ、そこに水気を絞った大根と人参を加えてよく和えればできあがり。

胡桃田作り


★カリっと香ばしい胡桃と煮干しがクセになる美味しい田作りです。

<作りやすい分量:約4人分>
小さいにぼし 30g
くるみ 30g
白いりごま 小さじ1
●砂糖 大さじ2
●みりん 10ml
●酒 10ml
●醤油 10ml
時短おせち「田作り」

くるみとにぼしはそれぞれフライパンで、香ばしくから煎りしておく。
フライパンを綺麗にし、●の調味料をすべて入れて溶かし混ぜる。泡が立ってきたら、くるみとにぼしを加えて絡め合わせ、ごまもふりかけてできあがり。

ローストビーフ


★電子レンジでまず火を通して、時短調理!

<作りやすい分量:4人分>
牛ももブロック 350g
塩こしょう 適量
オリーブオイル 小さじ1
時短おせち「ローストビーフ」

牛肉の全面に強めに塩こしょうをすりこみ、耐熱皿にのせてラップをして600Wの電子レンジで4分30秒加熱する。

時短おせち「ローストビーフ」

フライパンにオリーブオイルを熱し、強火で肉の両面に焼き色をつけたら、アルミホイルで2重にくるんで、しばらく常温においておき、20分くらい経ったら切り分ける。
お好みで山葵醤油などとともにいただく。

栗きんとんの茶巾絞り


★甘さ控えめの栗きんとん。鍋もくちなしも使わない簡単調理!
茶巾絞りにすればハレの料理に。

<作りやすい分量:約6人分>
さつまいも 160g(皮をむいて)
みりん 50ml
栗の甘露煮のシロップ 25ml
栗の甘露煮 小瓶1つ分
時短おせち「栗きんとんの茶巾絞り」


1. さつまいもは1cmの輪切りにして、厚めに皮をむいておく。
耐熱皿に水100mlを入れてさつまいもを並べ、ラップをふんわりかけて600Wの電子レンジで4分半加熱し、裏返して3分加熱。

時短おせち「栗きんとんの茶巾絞り」


2. さつまいもが柔らかくなったらお湯を捨て、ボウルに移してマッシャーでつぶす。

時短おせち「栗きんとんの茶巾絞り」


3. みりんとシロップを加えて、ラップをせずに2分加熱。一度スプーンなどで混ぜて、再び2分加熱。ほどよいかたさになっていることを確認したら、栗の甘露に加えて混ぜ合わせる。

時短おせち「栗きんとんの茶巾絞り」


4. ラップに適量取り出し、きゅっと絞りながら丸め、茶巾絞りにする。


伊達巻き


★ふわふわの美しい伊達巻き。
フードプロセッサーと巻きすさえあれば、自宅でも簡単に作れます!

<卵焼き器1つ分>
卵 3個
はんぺん 60g
みりん 小さじ1弱
砂糖 大さじ1と1/2
塩 ふたつまみ
めんつゆ 小さじ1
サラダ油 適量
時短おせち「伊達巻き」


1. はんぺんは細かく切っておく。

時短おせち「伊達巻き」


2. フードプロセッサーに卵を入れ、まず混ぜる。はんぺん、調味料の順に加え、滑らかに混ざり合うまでしばらく回す。ボウルなどに移して、トントンと底を当てて空気を抜く。

時短おせち「伊達巻き」


3. 卵焼き器にうすくサラダ油をひく。キッチンペーパーなどで余分な油は拭き取っておく。
一気に生地をすべて流し込み、平らにならす。

時短おせち「伊達巻き」


4. 最初の10秒だけ強火にし、あとはごく弱火で約9~10分、アルミホイルで2重に蓋をして焼く。

時短おせち「伊達巻き」


5. 周囲に焼き色が着いていることを確認したら、フライ返しを使って慎重に取り出し、巻きすの上に乗せる。巻きすで巻いて、両端を輪ゴムで固定して10分おけばできあがり。


上から手軽に作れる順にご紹介してみました。無理せず、作れそうなものだけでもぜひチャレンジしてみてください。

 みなさま、よいお年を!

 働くおひとりさまにとっての毎日はめまぐるしくて、ゆっくり季節を感じる時間さえ取れないですよね。 「休日のたった1時間でいいからほっとしたい…」元外資系バリキャリから一転、丁寧な生活を目指して料理研究家になった太田みおさんが、四季の彩りを簡単に楽しむ「レシピ=歳時記」をお届けします。


Text/太田みお


関連キーワード