2018.1.17

冬の晩酌、日本酒のおともに最高!
牡蠣とかぶのみぞれ煮レシピ

冬が旬の牡蠣は、亜鉛など栄養たっぷり。
かぶのみぞれ煮は日本酒にぴったり合う味です。

旬の牡蠣は「エナジーフード」!

牡蠣とかぶのみぞれ煮

年もあけて寒の入りを迎え、1年でもっとも寒さが極まる「大寒」も目前。骨までしみいるような寒さに、負けそうになっていませんか。

 寒さ極まる夜は、ぬくぬくと家で毛布にくるまりながら熱燗でしっぽり身体のあたたまる夕飯をいただきたいですよね。年々オヤジ化していく自分を否めない、妙齢女子のみなさまには共感していただけるはず。
そこで注目したいのが、旬の食材、牡蠣です。

 秋ごろから出回り始める牡蠣、実は栄養豊富で低カロリーな超優秀なエナジーフードなのです。グリコーゲンやアミノ酸をはじめ、ビタミン、ミネラルなどの栄養素とタウリンなどの機能性成分が豊富に含まれています。とくに、亜鉛の含有率(うなぎの7倍!)は食品随一といわれており、免疫力アップ、健康増進に効果的。風邪をひきやすいこの時期に、ぴったりの食材なのです。
さらに嬉しいのが低カロリー(うなぎの5分の1!)であるということ。こんな最高の食材を活かさないわけにはいきませんね。

 今回は、日本酒のおともに最高な1品、牡蠣とかぶのみぞれ煮のレシピをご紹介します。

牡蠣とかぶのみぞれ煮

牡蠣とかぶのみぞれ煮
<材料>
生牡蠣 8粒
かぶ 2個
だし汁 300ml
*醤油 大さじ1
*塩 小さじ1/4
*酒 大さじ1
片栗粉 適量
柚子 
三つ葉


1. 牡蠣は軽く洗い、水気をふいてから酒をふりかけ、片栗粉をまぶす。

牡蠣とかぶのみぞれ煮


2. かぶは皮をむいてすりおろし、三つ葉はざく切りにしておく。

牡蠣とかぶのみぞれ煮


3. 小鍋にだし汁をつくり、*の調味料をすべて入れて中火で沸かし、1を入れる。やさしくかき混ぜながら牡蠣がふっくらして火が通ったら、すりおろしたかぶを加えて一煮立ちさせる。

牡蠣とかぶのみぞれ煮


4. お皿に盛りつけ、柚子の皮をすりおろしてふりかけ、三つ葉を乗せてできあがり。

牡蠣とかぶのみぞれ煮

牡蠣のうまみが出たお汁まで、一滴残らず飲み干してしまう美味しさです。
熱燗と一緒に冬の晩酌にぜひ召し上がってくださいね。なんとかこの寒さを乗り切りましょう。

Text/太田みお

 働くおひとりさまにとっての毎日はめまぐるしくて、ゆっくり季節を感じる時間さえ取れないですよね。 「休日のたった1時間でいいからほっとしたい…」元外資系バリキャリから一転、丁寧な生活を目指して料理研究家になった太田みおさんが、四季の彩りを簡単に楽しむ「レシピ=歳時記」をお届けします。

関連キーワード